その273 秋到来

 

 

どうも、

東京都の江戸川区で

社会保険労務士(社労士)をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園 要です。

 

だいぶ、一時期前に比べ

過ごしやすい日が続く様になり、

秋到来といった感じですね。

ただ、

ここ数年感じていることとして、

春らしいのもそうなのですが、

だいたい2ヶ月くらいは、

洋服を機にすることなく、

春と秋、それぞれ過ごしやすく穏やかで、

外のソファなんかで寛げる・・・

そんな季節がなくなりつつあるのではないか?

と思っています。

春到来もすぐに通り過ぎて

5月上旬ごろには、連日30度越えになっていますし、

去年の秋なんかも、

すぐ寒くなる名ばかりの秋となり、

実際は寒い冬と変わらない服装が必要になったりと・・・。

不安定だったりしてますよね。

 

私の仕事の方も、例年だと一段落するはずなのですが、

今年は、・・・一段落・・・とはいかず・・・

バタバタしています。

 

あぁ、どうなることやら。

 

 

その272 Apple Special Eventを見て

 

 

どうも、

東京都の江戸川区で

社会保険労務士(社労士)をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園 要です。

 

本日、日本時間2時からApple Special Eventが

開催されましたね。

予想(情報もれ)通りの発表でしたが、

やはり

HP等を見ると、物欲に駆られます!!

 

iPhone X については、

今後のスマートフォンの行き着く

形態なのでしょうね。

指認証から顔認証へ

ベゼルレスによる更なる大画面化、

ワイヤレス充電等のあらゆる有線が無線化になり

更にスーパーコンピューターか!!

という様な、

端末自身の圧倒的な処理能力を

持っていることもわかってきました。

 

個人的にiPhoneについては、

私の叔母がアンドロイドのスマホから、

iPhoneへの今年中の移行を画策中でして、

そんな叔母から

生の声の情報などを得ていきたいな〜。

なんて思っています。

 

興味を持ったのが、やはり

Apple Watch series3 です!!

ついにセルラーモデルが出るのですね。

将来、iPhoneが使われなくなって

Watchやメガネなどの

よりウェアラブルな端末に

移行していく・・・。

その布石の一つになることは、確実な様です。

思ったより早く、

iPhoneの終わりというのが

やって来るのかもしれません。

 

ただ、

私は最近こんな風にも考える様になりました。

手のひらサイズで、

ありとあらゆるデバイスが操れる可能性がある・・・。

そこがiPhoneの魅力だったりしますよね。

あのジョブズがiPhoneを発売する際に

こんな風に言っていましたよね。

「3つが1つのデバイスになった。」と。

1ワイドスクリーン(大型)化したiPod(音楽プレーヤー)

2携帯電話

3インターネット端末

発売から10年にわたって

進化してきたiPhoneが、

この概念を超える・・・。

そんなオールインワンのデバイスへと

進化するのかも・・・。

 

未来はどんな風になるのでしょうか?

私自身もこれから

一体どんな人間になっていくのでしょうか?

そんなことを考える1日。

さあ、頑張っていきましょう!!

 

 

その271 マイナンバーの是非

 

 

どうも、

東京都の江戸川区で

社会保険労務士(社労士)をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園 要 です。

 

少し、秋めいてきていますかね。

空が高くなり、

穏やかな日差しを感じる様になっていて、

本日は長袖のパーカーで

過ごしています。

以前、

宣言した業務時の完全私服化は、

スーツの時期が来る前までは

続けようと思っています。

(予定としては9月いっぱいくらい?)

 

さて、

表題にあるマイナンバーについて

業務への落とし込みも一段落して

やり方が確定した感覚を持っています。

結果として、

無駄な作業だと言わざるを得ない状況ですね。

手続きの効率化が挙げられていましたが、

結局、個人情報を扱う現場の人間としては、

マイナンバー確認業務という事務作業が

一手間増えて、

より業務が煩雑化した印象を持っています。

結局、国の考え方は、

はっきりと言わせていただけるのであれば、

根本から間違えていると思わざるを得ません。

 

業務効率化を考えるのであれば、

やはり、マイナンバーなど使用せずに、

各役所の間で使われている管理番号等を

全て整理(突合)する事を

先決して始めるべきで、

それがなくて、

結局番号を一個作って

間接的に統合管理しようとしても、

結局更に、

中身が煩雑化して、

結ぶ事の出来ないデータが

羅列されて連なるだけなのです。

 

当たり前のことなんですけど、

情報の統合を図りたいのであれば、

今あるものを直接結ぶ

手段と方法が

欠かせないのですよね。

 

ただ、

そういう思いに駆られていても、

始まってしまったものは、

辞める事ができず、

なかなかに世の中って・・・。

難しいものですよね。

 

今後含めて、どうなることやら・・・。

では、本日はこの辺で・・・。