その296 今週の一週間

 

 

どうも、

東京都の江戸川区で

社会保険労務士(社労士)をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園 要です。

 

政府主導の働き方改革が

大詰めを迎えています。

個人的には、副業解禁については

現行の労働法からはあまりに

かけ離れた考え方になっていることから

少し心配をしながら状況を見ています。

 

そもそも、

副業自体は労働者側の権利として

認められるべきところではありますが、

それに伴う、責任を副業を解禁した

企業に過剰に求めすぎている様に

感じているからです。

 

副業自体は労働者の権利であり、

企業側が知らないとしても

それは、プライバシーの問題もはらんで

企業側が過度に介入ができる問題では

ありませんよね。

なのに、副業を解禁することで

本来は労働者側の自己責任で

コントロールしなければならないはずのことも

企業側に一方的になすりつけようとしていないか?

そんな懸念を持っています。

 

そもそも、

現行の労働法には兼業はなじまないのですよね。

テレワークなどと一緒に考えているところからも

いいとこ取りの理想追求の法改正で

実態を加味しないものにならないか?

心配になっていますよ。

 

よくなることを心から願いつつ・・・。

 

さてさて、

もう、今年も5ヶ月経過したんですね。

本当にあっという間で

時の流れの速さに戸惑っている自分がいます。

 

梅雨の気配を感じる曇り空の

都内の喫茶店で

今コーヒーすすりながら、

ブログを打っています。

 

さあ、

今週も頑張っていきましょうね。