その302 W杯のこと

 

 

どうも、

東京都江戸川区で

社会保険労務士(社労士)をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園 要です。

 

日本代表が予選突破しました。

選手たち関係者の方々、

そして日本中が

おめでとうございます!!の空気に

包まれています。

4年間待ち続け願い続けてきた

「夢」の決勝の舞台に上がることができて

本当に良かったです。

 

ただ、

最終のポーランド戦の最終10分の

ゲームについては、

いろいろ議論があるところでもあり、

難しい問題をはらんでいますよね。

 

一つだけ

気になる点がありました。

あの作戦が「正しい」か「正しくない」か

議論しているメディアが多い点です。

 

これは、

「正しい」「正しくない」ではなく

単純に決勝ラウンドに残るための

他力本願の作戦が

結果的に「当たった」と

言うしかない様に

個人的に思っています。

 

日本選手たちに苦言を程するとすれば、

消化試合自体は作戦であり、

理解できるのですが、

サポーターや応援している子供達の前にして、

あそこまで消極的に

時間稼ぎに終始するのではなく、

プロ選手らしいボール回しをして

ポーランドのFWにボールを

追いかけさせる程度のことは

させる様にして欲しかったと思っていますよ。

 

ともあれ

今週も頑張りましょうね!!