厚労省 労働災害の増加にともなう緊急要請

平成26年の労働災害の発生件数(1月~6月末日までの速報値)は、昨年の同じ
時期に比べ3.6%増えました。特に、労働災害で亡くなった方の数は、19.4%も多い
437人と、大幅に増えています。

こうしたなか、厚生労働省では、労働災害増加に対する危機感の共有と、対策の
徹底のため、8月5日に、250を超える業界団体に対して、次のような緊急要請を行
いました。

(1)経営トップの参加の下に職場の安全パトロールを実施するなど、職場内における
安全衛生活動の総点検を実施すること

(2)安全管理者等の選任義務がない事業場においても安全の担当者(安全推進者)を
配置するなど、事業場の安全管理体制を充実すること

(3)雇入れ時教育を徹底するなど、効果的な安全衛生教育を実施すること

労働災害は、小売業や社会福祉施設などの第三次産業でも増加しています。
安心して働くことができる職場づくりは、労働災害を減らすことはもちろん、人材
を確保・養成し、企業活動を活性化する上でも、大きなメリットになります。労使の
皆さんをはじめ、関係者が一体となって、労働災害防止に取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。