改正労働安全衛生保険法のポイント

改正労働安全衛生保険法のポイントは以下のとおりです。

1.化学物質について、リスクアセスメントの実施が義務に
  (平成28年6月までに施行予定)
   特別規則の対象となっていない化学物質のうち、一定のリスクがあるものに
  ついては、事業者にリスクアセスメント(危険性や有害性などの調査)を義務
  付ける。

2.ストレスチェックの実施等が義務に(平成27年12月までに施行予定)
   医師、保健師などによる、ストレスチェック(労働者の心理的な負担の程度
  を把握する検査)の実施を事業者に義務付ける。(従業員 50 人未満の事業場
  については当分の間は努力義務)
   事業者は、ストレスチェックを受けた労働者の希望に応じて、医師による面
  接指導を実施し、その結果、医師の意見を聴いた上で、必要な場合には、適切
  な就業上の措置を講じなければならない。

3.受動喫煙防止措置が努力義務に(平成27年6月までに施行予定)
   受動喫煙防止のため、事業者・事業場の実情に応じて、適切な措置を講ずる
  ことを努力義務とする。

4.重大な労働災害を繰り返す企業に対し、大臣が指示、勧告、公表を行う制度の
  導入(平成27年6月までに施行予定)
   重大な労働災害を繰り返す企業に対しては、厚生労働大臣が改善計画を作成
  させ、改善させる仕組みを創設する。計画作成指示や変更指示などに従わない
  場合は、厚生労働大臣が勧告を行う。それにも従わない企業については、企業
  名を公表する。

5.外国に立地する検査機関などへの対応(平成27年6月までに施行予定)
   ボイラーなど特に危険性が高い機械を製造する際などに受けなければならな
  い検査などを行う機関のうち、外国に立地する企業・機関についても、検査・
  検定機関として登録できるようにする。

6.規制・届出の見直しなど(平成26年12月までに施行予定)
  ・建設物や機械などの新設・移転などを行う場合の事前届出を廃止する。
  ・電動ファン付き呼吸用保護具を型式検定・譲渡制限の対象に追加する。

過労死等防止対策推進法が成立しました。

過労死等防止対策推進法、改正会社法、小規模企業振興基本法が成立

各会派の総意として提出されていた「過労死等防止対策推進法」が20日の参議院本会議で可決、成立した。
(過労死等防止対策推進法/議案情報・衆議院)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DBAE4E.htm
▽過労死等防止対策推進法の成立に関する談話/事務局長談話・連合
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/danwa/2014/20140620_1403267719.html
▽会長声明/日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2014/140620.html
▽会長声明/日本労働弁護団
http://roudou-bengodan.org/proposal/detail/post-68.php

法改正について 改正労働安全衛生法が成立しました。

以前から懸案事項でありました改正労働安全衛生法が成立いたしました。
労働者の心理的な負担の程度を把握するため、事業者に医師、保健師等による検査(ストレスチェック)の実施を義務づけるなどを内容になっています。19日の衆院本会議で可決、成立しました。
(議案情報/衆議院)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DB80D6.htm
▽事務局長談話/連合
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/danwa/2014/20140619_1403169351.html
▽労働安全衛生法の一部を改正する法律案の概要/厚労省
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11301000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Keikakuka/0000036586.pdf

算定基礎届と年度更新について

大園社会保険労務士事務所では、健康保険・厚生年金保険関連の算定基礎届と労働保険料の年度更新の手続きを承っています。当ホームページのお問い合わせのページ内にありますメールフォームにて申込みいただきますようお願いいたします。