最近の風潮などから

 

 

どうも、東京都江戸川区で

社会保険労務士(社労士)をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園 要です。

 

秋だというのに、

残暑が厳しいですね。

東京都大田区大森のカフェにいます。

朝のひと時、新聞を読みながら

いつものコーヒーで心を落ち着けています。

 

新聞の記事を見ていると・・・。

各省庁で、障害者雇用に関する

水増し問題があり、

また、技能実習制度にかんする不正等も

一部の企業で指摘がされています。

また、ちょっと前からは、

アメフトの問題 etc.

 

こういった事件を見て、

最近感じるのは・・・。

いけない事は、いけないのだ

という風潮が

昔に比べて良い意味でも、

悪い意味でも

色濃く反映する様になりましたよね。

 

スマートフォン等の普及により

簡単に自撮りなどの動画を

インターネット上に

公開できる様になったことも相まって

中には本人が忘れてしまっている様な

随分昔の話でも

突然、現在の世界に

蘇り、蒸し返され叩かれる・・・。

そんな世の中になっている様に思います。

 

もちろん、水増し、不正、反則行為は

許されることではありませんが、

確かに許されない様なことでも

個人のプライバシーに

根付いている様な情報でも、

簡単に(無許可で)公開してしまう

そんな時代になった事に対しては

ちょっと行き過ぎなのではないか?

そう思い始めている

今日この頃です。

 

不正や罪を告発するとき、

その事実を告発する勇気も必要ですが、

勇気と同時に、告発の仕方、

少なくとも、匿名にしたり等して

そそのかしておいて、あとは傍観者で

面白おかしく笑っているだけ・・・。

ではなく、

告発をした人間として責任を

持つことも同じくらい重要ではないか?

もし、

何かを告発しなくてはならない様な

事があった際には・・・と、

自分自身を自戒する様にしています。

 

う〜ん、非常にデリケートで

難しい問題ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です