一喜一憂・・・

 

 

どうも、東京都江戸川区で

社会保険労務士をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園要です。

 


突然ですが、

愛機MacBook 12インチ ゴールド 2015 が

復活しました。

 

最近、iPhoneとApple Watchのみで

行動する事が多くなったと

ブログで報告していましたが、

背景として、

MacBookのバッテリーが

劣化しつつあり、

外に持ち歩きしても1日持たず、

充電器や電源を追加で

持ち歩く必要が出てきた事、

バッテリー充電のため、

カフェに入るなどの充電行為が

必須となり、余計に

外で時間がかかってしまう事も

ありました。

 

遂に、意を決して

genius barを利用し、

バッテリー交換を利用しました。

 

びっくりした事が二つ。

1つ目が修理で中を開けた事による

製品異常は今の所全く

出ていないことです。

(ちなみに、バッテリー交換時に

スピーカーも壊してしまったとの事で、

こちらは無料交換となっています。)

 

これって、Windowsとかじゃ

考えられないですよね〜。

修理後、すぐにマザーボードが

イかれたりして、

結局買い直しっていう

嫌な経験をしていますから。

 

2つ目として元々、

購入した時よりも、

200mAほどバッテリー容量が

上がっています!!

Macbookに関しては、2015年版以降、

2017年版まで出ているため、

そっちのバッテリーを

使っているのかもしれませんね〜。

(想像ですけど・・・。)

 

再び、MacBookとWi-fi、

iPhoneXS、Apple Watchと

提出資料で移動する日々が

多くなりましたよ〜。

フルスペックで移動中に

仕事ができるから捗る、捗る。

そして何より、戻ってからの

作業(残業?)が減って

楽になりますよね〜。

 

やっぱり、嬉しいですね!!

私はパソコン派なのですよね。

 

ただし、悲しい知らせが・・・。

この愛機Macbookが

2019年7月9日付で

Appleの製品ラインナップから

突然、消えてしまいました。

 

将来に不安が・・・。

 

何年も先であって欲しいのですが、

新品の買い替えを

しなければならない場合です。

 

今のMacbook Airってなぁ。

 

触ったみた感じがねぇ。

 

まず、形とアルミの質感に、

少し安っぽさを覚えるのは、

私だけでしょうか?

(アルミに関しては、

Mac製品の年度の問題かも?)

 

次に、重ッ!!Airじゃないだろ!!

って思わずツッコミを

入れたくなるし・・・。

 

最後に、先端部分までの

シャープさが失われて、

無駄さが出ているというか、

ボッタリ感が否めないし・・・。

(最もボディの厚い部分に

関してはMacBook Proの方が

薄いですしね・・・。)

 

ジョナサン・アイブ氏の

退職の影響ってあるのかなぁ。

これは、人の事ですからね。

むしろ、新たな門出で

祝うべき事なのでしょうけれど。

 

ただ、Apple製品のユーザーとしてはねぇ。

困った事にならないと良いのだれどと

考えてしまいます。

 

最近のAppleは、

真面目なCEOの影響もありますが、

特に優良企業ですというイメージを

アピールしすぎており、

消費者に対して

諂っているのではないか?と・・・。

 

とんがった製品で、

消費者の反応も恐れず、

こうだと決めた製品を出し続ける

反逆者というか海賊っぽいイメージが

なくなるのではないか?

 

その社風から生まれて来た

奇跡的な製品の伝統が

途絶えるのではないか?

 

ちょっと憂いを感じているこの頃です。

 

ただ、現在のMacBook製品に関しては

全てが修理プログラムの対象と

なってしまっており、

ちょっと異様に感じています。

 

製品ラインナップが

落ち着いたという記事が

蔓延していますが、

実際は逆でしょうね。

むしろ、新しいMacBook製品を

出すための準備期間であり、

今のラインナップは

経過措置の状態に

過ぎないのではないか・・・。

 

キーボードの問題等含めて

解決のために、

Appleは本腰を入れて

新たなMacを

創造しはじめているのが

実際なのかも・・・。

 

まあ、気長に待ちましょうかね・・・。

では、この辺で・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です