新型コロナについて

 

 

どうも、東京都江戸川区で

社会保険労務士(社労士)をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園要です。

 

新型コロナウイルスの正式名称が

COVID―19と決まったそうですね。

沢山の犠牲者と苦しんでいる患者がいます。

 

一刻も早く収束に向かうことを願って止みません。

一人でも、多くの方が助かります様に。

 

しかし、一方でこんなことも考えてしまいます。

元々、このコロナも、

中国の奥地で植物など中に寄生して

平和に共存生活を

営んでいたのかもしれないのかなぁと。

それが、人類の開拓などに押しやられた

人に近い生物に接触してしまうことで

爆発的な感染の下地ができてしまい、

さらに、実際に人間と接触する事で

本当に爆発的に感染してしまう。

こんな風にも考えられます。

 

そう考えると、

収束にようやく向かいそうな

オーストラリアの森林火災も含めて、

自然の大切さについて考え、

もっと尊厳をもって

接する事が大切なのではないか?

と思う今日この頃です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です