オリンピックとコロナの関係は?

 

 

どうも、東京都江戸川区で

社会保険労務士(社労士)をしています

人事コンサルタント・年金コンサルタントの

大園要です。

 

9月に入りました。

コロナについて、終息には程遠い状況が

続いていますね。

 

直近だと、

新規陽性者は東京減りつつある様ですが、

毎日3,000人〜4,000人で続いている状況で

怖いなぁと思わずにはいられません。

累計でも、

150万人を突破した模様で。

日本の全人口の1%は超えましたね。

 

また、この先月末からの感染者の減少傾向について

オリンピックが終わって

2週間を経過したタイミングというのも・・・。

(メディアのどこもが、この事について

報道していないことも含め)

都合の悪い事に蓋をする傾向に、

ある種の危うさを感じています。

何の検証もされていないのではないか?と

不安を覚えています。

 

日本が空前のメダルラッシュだったからと、

考えない、検証しないというのは、

絶対によく有りません。

 

コロナとオリンピックの関連性が

関連付ける根拠がないのではなく、

否定できる根拠が出るまでは

関連性を疑われても仕方ないと考えています。

事実は事実であり、

冷静に客観的な分析に基づく

検証と確かな確証が必要だと感じています。

 

私は熱狂に対して、

素晴らしさと恐ろしさの

2面性が存在すると考えています。

純粋なスポーツを見て

素直に感動する、喜ぶという

美しい熱狂と

今からおよそ80年前に

軍国主義の思想のもとに始めた戦争で

空前絶後の犠牲者を生み出すことになった

恐ろしい熱狂と・・・。

全く正反対ですが、どちらも

人間の感情から

生まれるものなんですよね。

 

だから、こう言った事は

考えちゃいけないんだよと言う様な

タブーや日和見を作ることなく、

常識とされることについても

疑うことも必要なのだろうと、

自分の胸に手を当てて

『人は自戒するべきである。』

と考えていますよ。

 

少し熱く語りすぎましたかね・・・。

そんな自分に反省しつつ・・・。

 

急に気温が下がり始めましたね。

秋の長雨となっていて、

残暑厳しかった先週が嘘の様です。

 

コロナも・・・今感じていることが

嘘のように解消される事を祈りつつ、

今日も1日頑張りましょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です